八重吉煎餅店

八重吉煎餅店

昭和9年、初代八重樫吉次が中町の小路の一角に、ささやかな店を構えて以来、当店の煎餅も80歳に近づいています。

八重樫理悦商品の大半が手焼きで1日の生産量は約千枚が限度。手焼きにこだわり、いつまでも変わらぬ味と品質をお届けしたいと願っています。

一番人気は、「亀の子せんべい」。小麦を炭火で焼きあげ、亀の甲羅のような形に成型してから砂糖で味付けした黒ゴマを塗ります。
隠れたヒット商品は、試し焼きを一枚一円で売る「一円せんべい」と一部が欠けたせんべいを袋詰めした「夢のあと」。

店は、大正年間に建てられた土蔵を使用。2階はギャラリーとして開放し、作品発表の場として様々な芸術作品を紹介しています。

商品一覧

亀の子せんべい

亀の子せんべい

生地を炭火でじっくり焼き上げ、まだ熱いうちにつまんで、亀の甲羅のような形にして固まるの待つ・・・砂糖で味付けした良質の黒ごまをたっぷりと付け、炭火の上で約半日乾かす・・・焼き初めて約1日半で店頭に並ぶ。
黒ごまの香ばしさが自慢のせんべいです。


詳しくは下記までお問い合わせ願います。

 

会社概要

会社名 八重吉煎餅店
住所 岩手県奥州市江刺区中町3-12
電話番号 0197-35-2708
   
   
ショッピングカート |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2011 Oshu Sightseeing and Products Association. All Rights Reserved.